Make your own free website on Tripod.com

イマイ製マッハコブラ 高速レース用改造パーツ85


先日、二人の助手を連れて映画「爆走兄弟レッツ&ゴー WGP暴走ミニ四駆大追跡!」を観に行った後、吉祥寺の
とあるショップに寄ったところ、とんでもないパーツが販売されておりました。それは

TB−2 4駆用ボディ「サンダーバード2号」

というものです。ちなみに定価350円で売り値は270円でした。パッケージの能書きを転載します。

プラモデルの原点、絶対絶命のピンチに落ち入った人々をスーパー
メカの大活躍で救出するインターナショナルレスキュー(国際救助隊)、
あの永遠の名作サンダーバード2号が高速レース4駆用ボディTB−2と
して復活しました。今もまったく新鮮さを失わないそのデザインで
レースカーとして鮮烈にデビュー。4駆ファンはもとより、キャラ
クターファンにもコレクションとしておすすめしたいモデルです。

確かにプラモデルの原点です。私も幼少のころはサンダーバードのプラモデルは、お小遣いやお年玉をはたいて、
買いつづけておりました。数年前のリバイバルヒット時も、新たにイマイやバンダイからプラモデルが多種多様に
発売され、子供気分に戻っていつも作っておりました。私の終わらない思い出なのです。
それがあんたちょっと、ミニ4駆にしたらあかんで。いくらイマイさんが版権をもってるちゅうても、やってええ事と
悪いことがあるやろ。おまけにそれも2号やて、見て涙がでてきたで。最近涙もろいんや。レッツ&ゴーのラストシーン
でも泣いてもうたわ。それはどうでもええけど、ナガノのスカイラインGTRは許せる。アオシマのBACK TO THE FUTURE
デロリアンシリーズの4駆はもっと許せる。けどこれは許せん。心情的に許せんのが一番やけど、カッコ悪いやろ。
ホィールを今までのプラモデルと同じように、コンテナの下にでも隠してくれたら情状酌量の余地もあるもんやけど、スー
パーミニ4駆みたいにホィールをでっぱらしたら、むちゃむちゃ変やんけ。おまけにオリジナルと形がちゃうがな。先っぽ、
そんなに尖ってへんで。それにあの4つの脚までつけてどないすんねん。ほんまやめてほしいわ。出来上がりの白黒
写真、まるで油虫(ゴキブリ)やんけ。最後にもう一っこ言わしてもらうけどな、いったいスケールスピ−ドはどの位に
なんねん。こんなん恐ーて、バージルもよう操縦せんで。どんならんな、しかし。


・・・・いろいろゴタクをならべましたが、ひょっとしたら何十年後にはサンダーバードの超レアB級グッズとして価値が
あがるかもしれませんね。ミニ4駆関連グッズでは最低級ですけど。

お知らせ

この商品の画像(パッケージ)は「ミニ4駆 ギャラリー」でご覧頂けます。


[BACK]