Make your own free website on Tripod.com

リアスキッドロ−ラ−のセッティングあれこれ

リアスキッドロ−ラ−はレ−ンチェンヂのブリッヂセクションにおけるコ−スアウトに有効です。特に外道
3輪車を走らせる場合、当室では必ずセットするようにしています。
モ−タ−に負担をあたえないでブレ−キ効果も得られるからです。


タミヤ純正のリアスキッドロ−ラ−セットでもよいのですが、セッティングを強化していく上であまり応用が
きかないため当室では、他のパ−ツを改造転用しております。そう難しくないので以下の写真を参考に、
各自オリジナルな組み合わせで造って試てください。

尚、リアスキッドロ−ラ−のレベルは路面に軽く接する位置がベストのようです。

・アルミ製パ−ツを曲げて使用する場合、曲げ位置は修正できません。元に戻すと、折れ線に亀裂が
はいります。
・リアスキッドロ−ラ−セットをステ−に直接取り付ける場合、M3のビス・ナットを使用し、スパナを使っ
て締めて下さい。(ロックタイトは樹脂を腐食させるので厳禁です。)

ver.2 
 バニシングゲイザー添付のリアステーを例によってリアルミニ4駆(バイスイントルーダー)のパーツ等で
 補強且つワイド化し、さらにステーの既存ビス穴を利用しスキッドローラーを取付けてみました。
 やはりポイントはリアルミニ4駆パーツ等全てタミヤキット純正パーツのみを使用した事です。
 それとナット・ワッシャ・ロングビスはこの改造もそうですが、いつもふんだんに使える様、別売り品を購入
 しておきましょう。 



[BACK]