Make your own free website on Tripod.com

SUPER1−B.B.(バックブレード)シャーシ

リアルミニ4駆バックブレーダーの一番の特徴は何といってもあのホィールカバーでしょう。
コロコロコミックにはいろいろな走行化改造の写真が載って(えー大人が真剣に見てどないすんねん。)
おりますが、ホィールカバーは無いかバックブレーダーのボディに接着したものです。糊を使うのは走らせる
と壊れるもとだし、他の車種に付けて目立ちたいし・・・で考案したのがこれです。


用意するもの
 1)スーパー1シャーシ(他のシャーシでは試していません。)
 2)バックブレーダーのホィールカバー一式
 3)M3丸ビス(ネジ部9mm)4個・同ナット厚み1mm、2mm各4個・同ワッシャー4個

注釈
 1)簡単にシャーシにネジ止めされているようですが、やってみると色々加工作業が伴い結構難しいです。
 2)2mm厚のナットは3.2mmのきり穴をあけ、ボディとカバーのスペーサーに使用しました。
 3)固定用ナットは1mm厚のものを使用してください。通常の2mm厚ナットでは電池がセット不可です。

メリット
 すべてのフルカウルミニ4駆のボディがセットでき(但しホィールカバーにあわせてカウル部の加工が少々要)
 かっこ良くドレスアップができます。・・・私はシャイニングスコーピオンに使ってみました。

デメリット
 この取付け方ですと、プロペラシャフトがセットできません。後輪のみの駆動になりますのでいくらタミヤ部品
 だけでかためても公式レースには出場不可です。その前に年齢制限デアウトですけど・・・。


[BACK]