Make your own free website on Tripod.com

BRINK OF DISASTER
恐怖のモノレール




太平洋モノレール会社の会長グラフトンが、全自動モノレールに投資をしてもらうため
ペネロープ邸を訪れた。グラフトンは「かたぎ」ではないと踏んだペネロープは彼にジェフを
紹介した。ジェフはペネロープの依頼を受け、モノレールの試乗に立ち会った。ジェフは
ミンミンとブレインズを同行させてグラフトンに技術面・安全面の質問を始めるが・・・。


モノレールの通り道にある橋。


お約束通り、モノレール監視用ヘリジェットが橋げためがけて墜落してしまう。
モノレール制御装置も破壊され、制動できない。刻々、橋に近づいていく。


一方こちらはペネロープ邸。グラフトンはやはり犯罪組織のボスだった。
グラフトンはモノレールに乗っている間、仲間に金庫を襲わせた。



ペネロープ邸に忍び込んだ二人組みはまんまと金庫の中の宝石を持ち出してしまう。
モノレールの運命は・・・そしてパーカーにマシンガンを乱射される泥棒の運命は!


BACK